サービスと報酬が釣り合わない of 顧問税理士変更をご検討の方へ

支払っている報酬とサービスが釣り合っていない

よく聞くのが、支払っている報酬とサービスが釣り合っていないというご不満です。

「毎月来てくれるけど、お茶を飲みにきているだけじゃないの?」と思っていらっしゃる経営者の方も多いのではないですか?


一方で、顧問税理士さんの立場からすると、どうでしょうか?

毎月月次分析資料を作成して、訪問して・・・「これで高いって言われても・・・」という気持ちもあるかも知れません。


私が見る限り、このようなケースでは、お客様側のニーズが顧問税理士にしっかり伝わっていないことが多いようです。

例えば、創業間もない小規模の会社さんであれば、特に月次の分析資料を作成しなくても大体のことは把握できているものです。

そういった会社の経営者の立場からすれば、「月次訪問も月次の分析資料もいらないから、顧問報酬を下げてくれよ。」というのが本音ではないでしょうか?

考えてみれば当たり前の話ですよね?

不要なものを削る分、値段を下げて欲しいというのは、凄くまっとうな発想だと思います。


一方、顧問税理士さんの立場からしてみても、工数が減るのであれば値引をしても採算は取れるはずです。

ですから、もしあなたが、このサービスは不要とおもったら、一度、顧問税理士さんにご相談してみてはいかがでしょうか?


具体的な実例でよくあるのは、例えば以下のようなケースです。


・会社への訪問を毎月ではなく、3ケ月に1回とする。

・そもそも、訪問自体をなくし、主に電話やメールのみでやりとりのみとする。

・通常の月次処理は会社側で完結し、決算・申告業務のみ依頼する。


このように、不要と思った依頼業務を削ることにより、顧問報酬は確実に下がります。

それでもまだ納得できないようであれば、その時は、顧問税理士の変更を検討する時期が来ているのかも知れません。

ページトップに戻る

無料見積りのご依頼は今すぐこちらまで

事務所ロゴ.jpg

  気軽にご連絡ください!

かいづもとのりこうにんかいけいしじむしょ
海津元則公認会計士事務所

☎03-6694-3514
(平日午前9時~午後6時)

E-mailでのお申込みMail.png
(年中無休 24時間受付)