税理士から経営者への提案 of 顧問税理士変更をご検討の方へ

税理士はあたなのために何かを提案してくれますか?

顧問税理士がいる場合、会社の決算・申告のみでなく、経営者の所得税の申告も併せて依頼されるケースが多いかと思います。

この場合、顧問税理士は会社の決算状況はもちろん、あなた個人の財産状況や、収入等も把握できることになります。

この時に、今のあるがままを集計し、申告書を作成するという作業は、税理士として最低限の仕事といえるかと思います。


問題は、ここから先です。


そこまでの情報があれば、経営者である貴方に対してなにか有益なご提案をできるケースは多々あります。

所得税も含めた節税対策等は、まさにこれに該当します。


以前、とある社長様とお話させていただいた時に「小規模企業共済」をご存知ないことにびっくりしました。

小規模企業共済は、税務的にも非常に優遇されており、これを利用しない手はありません。

節税は地道ですから、こういったものを積み重ねていくわけです。


普通に考えれば、顧問税理士から提案があっても良さそうなものですがそのような提案がされたことは無いそうです。

これでは、折角、顧問税理士になっていただいても、メリットが少ないですね。

この程度の提案もないようであれば、この先もきっと有用な提案はしていただけないと思います。


税理士であれば、小規模企業共済を知らないということは無いと思いますので、お客様に接する際の心構えの問題なのかと思います。

税理士を選ぶときは、会社、経営者であるあなたの利益を常に考えてくれる方が良いのではないでしょうか?


小規模企業共済詳細はこちら


ページトップに戻る

無料見積りのご依頼は今すぐこちらまで

事務所ロゴ.jpg

  気軽にご連絡ください!

かいづもとのりこうにんかいけいしじむしょ
海津元則公認会計士事務所

☎03-6694-3514
(平日午前9時~午後6時)

E-mailでのお申込みMail.png
(年中無休 24時間受付)